ブログ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

WEBからの着物レンタル予約はこちらから

京都観光地へのアクセス

京都のおすすめグルメスポット

本日のお客様ギャラリー

Instagramアカウント

京都レンタルきもの古都のブログです

着物レンタル、浴衣レンタルは四条烏丸の京都レンタルきもの古都へ 京都レンタルきもの古都

〒600-8417
京都市下京区烏丸通松原東入ル
俊成町446 田中ビル2F

TEL:075-341-6366

京都四条烏丸徒歩7分

京都駅よりバスで8分程の烏丸松原にて下車

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩5分


ツイッターはこちら

フェイスブックはこちら

LINEはこちら

浅草レンタルきもの古都

鎌倉着物レンタル 古都

着物の歴史

日本の伝統的な民族衣装「着物」

長い歴史を持つ着物は、美しい日本文化の代表格「kimono」として、外国人にも広く知られています。
着物は、日本の風土に合わせて作られ、長い歴史をかけて受け継がれてきました。

 

着物は「着るもの」

「着物」は、「着るもの(衣服)」という言葉に由来しています。「特別なときに着るもの」という印象の着物ですが、もともとは「日常的に着るもの」でした。今では洋服を普段着にしている人が多いため「洋服」に対して、「和服」や「着物」と呼んで区別されています。

 

着物のかたち

着物は洋服のように曲線ではなく、直線で裁断され、直線で縫われています。太め細めのサイズ差はありますが、裁断方法は同じです。色や柄などに違いはあるものの、完成形はすべて同じになっています。シンプルな直線縫いになったのは、縫い糸が貴重だったので、できるだけ簡単に仕立てられるようにと工夫した結果だと言われています。

 

日本の風土と着物

日本の夏は湿度がとても高く、蒸し暑いのが特徴です。この気候をふまえて、袖は大きめに開き、脇の下には風通しをつけ、前をあわせて帯で締めるだけのデザインになっています。日本の風土に合わせたたくさんの工夫が、着物の形に込められています。

 

着物のはじまり

着物は平安時代の「小袖」が原型になっていると考えられています。当時は、貴族が装束の下に着用する「肌着」でした。その後、武家政治の鎌倉・室町時代になると、動きやすさが重視されるようになり、装束が簡素化していき、小袖の役割はインナー(肌着)からアウターへと変化しました。
戦乱が落ち着いた安土桃山時代には、染色技術や織物技術が格段に発達し、美しい小袖が多数作られるようになりました。庶民の間にも名護屋帯などが流行しました。江戸時代に入ると、明るい色味で金糸が多く使われた華やかな元禄文様の小袖が作られました。この頃、現在の着物とほとんど変わらない形の小袖が完成したとされています。
上方では鮮やかな色が好まれ、江戸では黒を着こなす男性が粋とされるなど、着物の色や着こなしに地域ごとの流行もあったようです。裕福な人はたくさんの刺繍が入ったものを着られますが、一般の庶民はお金を掛けられない分、帯の結び方を工夫するなど、それぞれの立場でおしゃれを楽しんでいたようです。
明治維新後は、欧米化が進み、洋服中心の生活になり、着物を着る機会も減ってしまいました。今では晴れ着として、特別な時にしか着ない人がほとんどかもしれません。

 

着物を楽しむ

普段着として着る人はごく少数になった着物ですが、日本の風土を反映して作られ、多くの人に愛されてきた大切な日本の文化です。多くの外国人も「着物(kimono)」を日本文化として知っており、興味を持っています。日本人の多くは、着物を着るのは大変、一式そろえるとお金がかかる、など、着物と距離を置きがちです。ぜひ、レンタル着物を活用して、着物を楽しんでもらいたいと思います。着物を着て街へ出ると、普段の景色と違って見えるかもしれません。

 


着物レンタル予約随時受付中 WEB予約はこちら

お問い合わせ

075-341-6366

営業時間 9:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら



PAGE TOP