ブログ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

WEBからの着物レンタル予約はこちらから

京都観光地へのアクセス

京都のおすすめグルメスポット

本日のお客様ギャラリー

Instagramアカウント

京都レンタルきもの古都のブログです

着物レンタル、浴衣レンタルは四条烏丸の京都レンタルきもの古都へ 京都レンタルきもの古都

〒600-8417
京都市下京区烏丸通松原東入ル
俊成町446 田中ビル2F

TEL:075-341-6366

京都四条烏丸徒歩7分

京都駅よりバスで8分程の烏丸松原にて下車

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩5分


ツイッターはこちら

フェイスブックはこちら

LINEはこちら

浅草レンタルきもの古都

鎌倉着物レンタル 古都

着物の仕立で知っておくと良い事

仕立はプロフェッショナルである専門店に全てお任せしてももちろん良いのですが、基本的なポイントを押さえれば、最も自分を美しく見せる、理想の着物を仕立てる事が出来ます。

「下半身が太い」「やせている」など体型で気になる所や「袖丈は長目が好き」などの好みがあれば、あらかじめ伝えておきましょう。

お店の人にとっても、着る人が気にしている点や着る目的など、ヒントが多い方が仕立てやすくなります。

また、着心地が良くても悪くても、既に持っている着物を一枚持参するのも、仕立てる際の参考になるのでお勧めです。

 

①身丈(みたけ)

身長とほぼ同じ長さです

身丈とは、着物の身頃の長さの事で、大体、身長と同じ位の長さと思って間違いありません。

お気に入りの着物は出来るだけ長く着たいものなので、自分の体形が変化するのを考慮して、後で仕立て直しが出来るように、身丈を少し長めにとると良いでしょう。

 

②身幅(みはば)

狭いよりは広く取るのがお勧めです

身幅は前幅と衽幅と後ろ幅を合わせた幅です。

お茶席で着物を着る場合、身幅が狭いと正座した時にきつく感じるうえ、立ったり座ったりを繰り返すうちに前がはだけてしまうこともあります。

ですので、身幅は広くとる方がお勧めです。

 

③裄(ゆき)

手首のくるぶしが、見え隠れする位

裄は、肩幅と袖幅を合わせた長さです。

腕の長さだけでなく、なで肩、いかり肩などの体形も関係してきます。

昔の着物は毎日の生活に根差した普段着だった為、掃除や炊事がしやすいように、裄は短めでした。

今の着物は主におしゃれ着ですから、裄はやや長めに仕立てるのが主流になっています。

 

④袖丈(そでたけ)

手持ちの着物または長襦袢に合わせるのが一番です

袖丈は小紋や色無地などのやわらか物は長目に、紬などの織りの着物は短めにといわれていますが、全て同じにした方が長襦袢が一枚で済むので便利です。

通常は、手を下げた時に袂の丸みが握れる長さにします。

手が長い方、背が高い方は、長めにすると良いでしょう。

 

着物の仕立で知っておくと良い事


着物レンタル予約随時受付中 WEB予約はこちら

お問い合わせ

075-341-6366

営業時間 9:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら



PAGE TOP