ブログ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

WEBからの着物レンタル予約はこちらから

京都観光地へのアクセス

京都のおすすめグルメスポット

本日のお客様ギャラリー

Instagramアカウント

京都レンタルきもの古都のブログです

着物レンタル、浴衣レンタルは四条烏丸の京都レンタルきもの古都へ 京都レンタルきもの古都

〒600-8417
京都市下京区烏丸通松原東入ル
俊成町446 田中ビル2F

TEL:075-341-6366

京都四条烏丸徒歩7分

京都駅よりバスで8分程の烏丸松原にて下車

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩5分


ツイッターはこちら

フェイスブックはこちら

LINEはこちら

浅草レンタルきもの古都

鎌倉着物レンタル 古都

着物の畳み方 留袖・振袖(夜着畳み)

留袖・振袖(夜着畳み)

箔や刺繍などの飾りがある着物を、柄に折り目を付けずに畳む方法です。装飾部分には和紙または薄紙を挟み、柄が折れないようにしましょう。

①衿を左にして着物を広げ、下前の脇縫いに沿って内側に折る。上前も同様に内側に折り重ねる。次に、衿肩あきの縫い目を内側に折る。柄や紋が傷まないように薄紙をあてる。

着物の畳み方 留袖・振袖(夜着畳み)1

 

②下前の袖を折り、上前の袖をその上に重ねる。真綿を薄紙で包んだ芯を間に挟み、丈を二つ折りにする。定規を使うと、折りやすい。

着物の畳み方 留袖・振袖(夜着畳み)2

 

③折り目が付かないように、真綿を薄紙で包んだ芯を間に挟み、さらに二つに折りにする。紋が傷まないように、薄紙をあてる。

着物の畳み方 留袖・振袖(夜着畳み)3


着物の畳み方(本畳み)

お手入れ後は、余計なシワが寄らないよう、種類に応じて畳み分けます。

畳む前に、手を洗い、清潔なシーツや紙を敷いて、着物を汚さないようにしましょう。

 

着物(本畳み)

着物の基本的な畳み方です。豪華な装飾が施された留袖や振袖以外なら浴衣も含めてこの方法で畳みます。

①衿を左にし、下半身を綺麗に整えながら着物を広げる。下前の脇縫いに沿って内側に折り、衽線に沿って手前に折り返す。

 

着物の畳み方1

 

②下前の衽の上に上前の衽を重ね合わせる。

着物の畳み方2

 

 ③背縫いを手前に折って上前とした前の脇縫いを重ねる。手のひらを着物の上から下に動かし、重ねた部分の空気を出してシワを予防する。

着物の畳み方3

 

④畳んだ部分を裾から2~3回巻いておく。首の後ろをつまんで衿が三角になるよう割り、上前とした前の衿を重ねる。

着物の畳み方4

 

⑤重ねた衿の両端を左右に引っ張るようにして整える。

着物の畳み方5

 

⑥両袖を重ね合わせる。先と同じように手のひらを動かし、空気を抜く。

着物の畳み方6

 

⑦上の袖を上に折り、下の袖を下に折り、身頃に重ねる。

着物の畳み方7

 

⑧巻いてい下半身を元に戻して、衿先から二つ折りにして完成。

着物の畳み方8

 

⑨三つ折りにしたいときは、袖の長さで屏風畳みにする。

着物の畳み方9


着物レンタル予約随時受付中 WEB予約はこちら

お問い合わせ

075-341-6366

営業時間 9:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら



PAGE TOP