ブログ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

WEBからの着物レンタル予約はこちらから

京都観光地へのアクセス

京都のおすすめグルメスポット

本日のお客様ギャラリー

Instagramアカウント

京都着物レンタル古都のブログです

着物レンタル、浴衣レンタルは四条烏丸の京都着物レンタル古都へ 京都着物レンタル古都

〒600-8492
京都市下京区四条通新町東入ル
月鉾町39-2

TEL:075-251-1955

京都四条烏丸徒歩1分

京都駅よりバスで10分程の四条烏丸にて下車

京都市営地下鉄四条駅より徒歩1分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩1分


ツイッターはこちら

フェイスブックはこちら

LINEはこちら

浅草着物レンタル古都

鎌倉着物レンタル 古都

川越着物レンタル 古都

浅草着物レンタル絹麗-KIREI-

Check!11月1日~12月25日:返却時間 夜の10時(22時)まで!

初夏の京都 着物でお洒落に街歩き

風薫る5月ももうすぐ終わり。
梅雨の季節、初夏、そして盛夏・・・。着物を着るのにすこし厳しい季節になります。
でも、そんな季節でも、舞妓さんたちは涼やかに着物を着こなします。着物を着るときは水分補給を控えめにして汗をかかないように気をつかいますし、汗が着物にしみないように吸水性の高い下着を身に着けるなど、いろいろ工夫をしているそうです。
お稽古へ向かう舞妓さんの普段着の着付けは、私たちが着物を着るときの参考になります。昼間、祇園や先斗町などを散策する機会がありましたら、素敵に夏着物を身にまとった舞妓さんの着こなしを観察してみてください。
夏の着物の魅力にも気が付くと思います。

着物は季節によって、生地の素材や仕立て方を変えるという楽しみがありますが、実は6月から10月の5か月間に、その楽しみが凝縮されています。

6月と9月の着物:単衣
裏地を付けずに仕立てた単衣(ひとえ)の着物は、少し暑いかな・・・という時期(6月と9月)に着ます。表の生地は冬着物と同じですが、裏地が無い分着心地が軽やかになります。
ちなみに、10月から5月は、袷(あわせ)といって裏地のついた冬着物を着ます。秋、冬、春は同じ仕立て方になりますので、色や柄で季節感を出していきます。
単衣に仕立てる場合も、色や柄は季節に合ったものを選ぶ必要があります。
例えば、6月は薄いブルーなどで初夏の清涼感を感じさせる色合いなどが季節に合っていて素敵ですね。9月は紅葉をイメージした柄などお勧めです。

7月8月の着物:絽や紗、麻など
夏の時期は、透け感のある生地を使った着物を選びます。
ただ、最近はあまり厳しく言われなくなってきていて、6月でも暑い日には、単衣ではなくて絽を着ることもあります。しかし、紗の着物は、せっかくなのできちんと真夏の時期に着たいものです。紗の着物の透け感は、見た目も涼やかな印象を与えます。
襦袢、半襟、帯、帯揚げ、帯締めなども夏物に変わります。「衣替え」は四季のある日本ならではの文化ですので、大切にしていきたいですね。

浴衣の着こなし
7月、8月は浴衣を楽しむ季節です。素足に下駄を履いている姿はとても涼やかに映ります。
また、浴衣は素材によっては、長襦袢を着て、下駄を足袋をと草履に変えることで、レストランや観劇などにも対応することができますので、単衣の季節にもおすすめです。
6月や9月は、昔のイメージだと浴衣は時季外れと思われがちですが、長襦袢を合わせるこの着方だと違和感なく着ることができます。お祭りや花火大会などに行くときは少し裾を短めに着付けますが、大人な気分で浴衣を着こなしたい時は、着物を着るときのようにくるぶしが隠れるように着付けてもらうと良いでしょう。

6月の京都は紫陽花が随所で咲いているのを目にすることができます。桜の季節も素晴らしいのですが、連休が無く、雨が降りがちになる6月は観光客の足も鈍くなるので、喧噪を忘れて静かな気分で京都の街を散策したい方にはお勧めです。

京都着物レンタル古都では、6月から浴衣のレンタルを開始します。女性はヘアセット込み1日1,950円で浴衣をレンタルすることができます。
色柄も多数そろえていますので、その日の気候に合った雰囲気の浴衣を選んでいただくことができます。お気に入りの浴衣がレンタルできますよう、是非お早めにご予約下さい

 


単衣・薄物に合わせる帯

夏場に締める帯は、涼しげに見え、通気性の良い素材を選びましょう。

絽の染め帯、絽綴、紗、羅、麻(上布)などが比較的長い期間使えます。

 

初夏の帯

単衣の着物には、博多織や紬などの単衣帯が活躍しますが、5月なら袷の着物用の帯で、生地の薄いものや、涼しげな色・柄のものを使います。

6月に入ったら、夏帯の出番です。

涼やかに見えるコーディネートを心掛けます。

波・紫陽花・鉄線など夏の文様を選びます。

 

盛夏の帯

薄物には、羅や紗、絽綴、麻の帯を合わせます。

張りがある素材に透けた感じが相まって、涼感が際立つ装いになります。

カジュアルな場面なら、浴衣用の半幅帯を合わせても良いでしょう。

色数を少なく、すっきりしたコーディネートにするのが夏の装いを涼しく見せるポイントです。

 

初秋の帯

9月も下旬になれば、軽やかな色、柄の絽縮緬、絽紬、紬などを合わせます。

いずれも、夏の文様は避け、色は落ち着いた色に、柄は月見や葡萄、秋草など秋らしさを感じさせる文様を選びましょう。

「着心地は夏、気持ちは秋」で装います。

 

一年中使える帯

半幅帯や博多織の帯は、一年中使えて便利です。

 

単衣・薄物に合わせる帯


夏物(薄物)の着物

暑さが増す7月と8月は、単衣に仕立てた着物の中でも薄くて透け感のある「薄物」と呼ばれる着物を着ます。

長襦袢が透けて見え、見た目も涼やかです。

長襦袢と着物の寸法がきちんとあっていることも装いの大切なポイントです。

涼しく見えるように着こなしにも配慮しましょう。

絽や紗、麻(上布)、絹紅梅など、透ける素材を単衣に仕立てた着物を「薄物」といいます。

梅雨の明けきらないじめっとした季節から、入道雲が空にそびえる盛夏の間に来ます。

また、夏は清涼感を演出するのが基本です。

肌を見せず、襦袢と着物を重ね着しても、見ている方が涼しく見えるコーディネートを心掛けましょう。

濃い色の着物を着て白の襦袢が透けるのを効果的に利用したり、着物も帯も淡い色や寒色系で揃えて涼やかに着こなすのも良いでしょう。

その他に綿紅梅や、絹、麻、木綿を問わず、強い撚りをかけた糸で織られる縮みの着物も活躍します。

絹なら結城縮や明石縮、麻なら小千谷縮、綿なら阿波しらじなどがあります。

清々しい肌触りで、アイロンをかけずに着られます。

夏物(薄物)の着物


単衣(ひとえ)の着物

夏になると、裏地の付いた袷(あわせ)の着物ではなくなります。

暑くなる5月と6月、暑さが残る9月頃は、裏地を付けずに仕立てる単衣の着物を着ます。

5月や6月は寒色系を、9月は暖色系を選ぶと、季節感を表現できます。

単衣の着物は、盛夏である7月と8月を挟んで、ほんのひと月ずつ季節を橋渡しする着物です。

初夏の単衣は6月ですが、最近は気温の上昇が早いので、5月中旬から単衣を着ても構いません。

また、残暑が厳しい9月ですが、重陽の節句(9月9日)を過ぎてからは単衣を着るようにします。

どちらも、絽縮緬、絽紬、夏結城、夏大島、木綿などのさらりとした素材を使います。

麻は初夏だけに、綸子や縮緬など袷にも用いる素材の単衣は、季節の変わり目である5月中、またはお彼岸(9月23日前後)以降に着用します。

着物は初夏と初秋で同じものを着られますが、帯や小物合わせで変化を付けましょう。

初夏なら涼しげな色合いや、アジサイやユリなどが描かれた帯を合わせると素敵です。

初秋には少し深みのある色や、秋草などの柄を取り入れ、季節を楽しみます。

単衣(ひとえ)の着物


浴衣の帯

浴衣に合わせる帯は、八寸幅(約30㎝)より幅の細い半幅帯が基本です。

やわらかい布をかがっただけの兵児帯を結んでも良いでしょう。

帯結びによって着姿の印象が変わります。

よそ行き浴衣なら、夏素材の名古屋帯や袋名古屋帯も合います。

 

遊び着には「半幅帯」

岡木綿や綿コーマの浴衣なら、半幅帯を合わせます。

素材は絹、綿、麻とさまざまあります。

帯結びで印象が変わるので、結び方を研究するのも楽しいです。

柄が違うリバーシブルの半幅帯なら、よりバリエーションが楽しめます。

幅広でやわらかい兵児帯も遊び着向きです。

初心者でも簡単に結べて、華やかさが出ます。

 

よそ行きなら「名古屋帯」

食事やショッピングなどに着て行ける、おしゃれ着として装う上質な浴衣には、お太鼓ができる名古屋帯や袋名古屋帯を合わせると着物風の着こなしが楽しめます。

紗や絽紬、麻、木綿などの素材が涼やかです。

半幅帯を合わせる時は、帯の格を落とさないように気を付けます。

結び方でボリュームを出したり、帯〆をしたり、お出かけ着として装いましょう。

浴衣の帯


夏の遊び着 浴衣

もともとは湯上りなどに着るくつろぎ着だった浴衣。

高級感のあるものが登場したり、和装というだけでよそ行きに感じられる時代背景もあり、装いによっては街着としても着られるようになりました。

浴衣と帯の組み合わせで、どこに行けるか確認してみましょう。

 

浴衣

平安時代に沐浴する際に着用した湯帷子(ゆかたびら)が原型とされる浴衣は、今や夏の遊び着として欠かせない装いとなりました。

素材は岡木綿や綿コーマと呼ばれる木綿だけでなく、麻混や化繊など様々で伝統的な藍白からポップなものまで多様に登場しています。

着物に比べて安価なため、毎年新調される方も多いようです。

遊び着なので、自由に着こなせるのも浴衣ならではの楽しみです。

素足に下駄で装う場合には、洋服でいえばTシャツにジーンズ、素足にサンダルで行ける場所に着ていけます。

 

よそゆき浴衣

浴衣の基本素材は岡木綿や綿コーマと呼ばれる木綿ですが、同じ木綿地でもごく薄い生地の綿紅梅や透かしの織の綿絽など、上質の生地もあります。

名古屋帯や袋帯を合わせればお出かけ着になります。

足袋を履けば、おしゃれなレストランに行く事が出来、ジャケットを着た男性と並んでも見劣りしない着こなしになります。

帯をお太鼓に知る場合の帯揚げは、ほとんど見えないようにしましょう。

足袋を履く場合も、草履ではなく下駄を合わせます。

夏の遊び着 浴衣


カジュアル帯

食事や観劇など、おしゃれ着に締める帯として出番が多いのは名古屋帯や袋名古屋帯です。

半幅帯なら、よりカジュアルな印象に。

帯は着物と同格か、それ以上のものを合わせるようにします。

 

名古屋帯(九寸名古屋)

名古屋帯は多彩な色糸を用いた織りの帯はもちろん、上品な染め帯、モダンな刺繍帯など、おしゃれ着に合う色柄が豊富です。

おしゃれ太鼓柄には、遊び心や季節を象徴する具体的な絵柄が用いられる事が多く、シンプルな着物と合わせて帯を主役に装うのも素敵です。

金、銀、箔を施した名古屋帯は準礼装向きになり、カジュアルな場には向きません。

 

袋名古屋帯(八寸名古屋)

袋名古屋には綴織、紬、博多織など地の厚い織り帯があります。

金銀のない綴織りはおしゃれ着に、紬や博多織はカジュアル向きになります。

昔は「染めの着物には織りの帯、織りの着物には染めの帯」といわれましたが、一つの目安として考えればよいでしょう。

 

半幅帯

名古屋帯や袋名古屋帯の半分の幅で、木綿やウールはもちろん、紬や小紋で気軽に出かける時にお勧めのカジュアルな帯です。

帯〆や帯揚がなくても結べ、角出し風にボリュームを出して結んだり、変わり結びを楽しむ事が出来ます。

くだけた雰囲気で装えます。

カジュアル帯

京都レンタルきもの古都ではオプションで翌日返却も行っております!

詳しくは、当店へお問い合わせ下さいませ☎

ご予約お待ちしております<(_ _)>

【京都レンタルきもの古都】

京都市下京区烏丸通松原東入ル俊成町446 田中ビル2F

TEL075-341-6366

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩5分

浅草レンタルきもの古都】姉妹店 

東京都台東区雷門2-18-12大元ビル2F

TEL03-6802-7018 (9:30-18:00)


カジュアル着物 粋に御召・紬

御召

御召とは御召縮緬の略称で徳川11代将軍家斉が好んで召されたことから名づけられました。「将軍のお召し物」

縮緬と同様に緯糸(よこいと)に強い撚りをかけた生糸を使用しますが、糸を染色してから織り上げます。

しぼがあり、縮緬よりもシャリ感があり、紬よりも軽い着心地で、織りの着物の中でも最も高級とされています。

明治時代の女学生の袴姿でおなじみの矢絣柄のほか、縞や無地なら洗練された着姿を演出します。

裾さばきも良く、観劇、お稽古、パーティー、目上の方への挨拶や年始参りまで、幅広く活躍します。

御召に縮緬の帯を合わせると、ほかのものにない風情が出ます。

硬めの生地なので、はじめは単衣に仕立てるのもお勧めです。

 

全国各地で織られる紬は、織りの着物の代表格です。

て風合いが異なり、一反織り上げるために、気の遠くなるような手作業が繰り返されます。

もともとは出荷できないくず繭を使って織られた庶民の日常着でしたが、現在では作り手の減少により希少価値が高まり、結城紬などは高価なものとして紬ファンを魅了する着物となりました。

基本的には街着の扱いになりますが、最近では後染めの訪問着なども作られるようになり、用途や着ていく場所の幅も広がりを見せています。

大島紬は軽いので旅行のお共にお勧めです。

カジュアル着物 粋に御召・紬

京都レンタルきもの古都ではオプションで翌日返却も行っております!

詳しくは、当店へお問い合わせ下さいませ☎

ご予約お待ちしております<(_ _)>

【京都レンタルきもの古都】

京都市下京区烏丸通松原東入ル俊成町446 田中ビル2F

TEL075-341-6366

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩7分

浅草レンタルきもの古都】姉妹店 

東京都台東区雷門2-18-12大元ビル2F

TEL03-6802-7018 (9:30-18:00)


カジュアル着物 江戸小紋・小紋

江戸小紋

武士の裃に用いた柄が始まりともされる江戸小紋。

次第に庶民にも広がり、富士山と茄子を描いた「初夢」や文字を意匠化した「家内安全」「雪月花」など、遊び心のある柄が発達しました。

中でも、やく(厄・役・薬)とおろしをかけた「大根におろし金」や無常息災をかけた「六瓢箪(むじょうたん)」など洒落を利かせた「いわれ小紋」は、粋なおしゃれを楽しむ江戸っ子のユーモアが凝縮されています。

遠目には無地に見え、近づけば思わずうなる遊び柄は、さり気なく個性を演出するのにお勧めです。

街歩き・お茶会・正月などに。

 

小紋

小紋は、観劇やコンサート、食事会、お茶会など、ちょっとしたお出かけに重宝します。

ひと口に小紋といっても柄ゆきの種類は豊富で、友禅染めの総柄小紋や古典柄などはよそゆきとして着る事が出来ます。

逆に幾何文様や遊び心のある柄などは街着として装います。

よそゆきか街着か判断に迷う模様の小紋には、周囲との調和を考えて帯を合わせると良いでしょう。

小紋に合わせる帯は名古屋帯が基本です。

パーティーや観劇には、織りや染めの帯をお好みで合わせてはいかがでしょう。

カジュアル着物 江戸小紋・小紋

京都レンタルきもの古都ではオプションで翌日返却も行っております!

詳しくは、当店へお問い合わせ下さいませ☎

ご予約お待ちしております<(_ _)>

【京都レンタルきもの古都】

京都市下京区烏丸通松原東入ル俊成町446 田中ビル2F

TEL075-341-6366

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩7分

浅草レンタルきもの古都】姉妹店 

東京都台東区雷門2-18-12大元ビル2F

TEL03-6802-7018 (9:30-18:00)


フォーマル帯

金銀をあしらった格調高い文様の豪華絢爛な帯は、まさに礼装の顔です。

色無地や江戸小紋なども、帯次第で装いの格を一気に上げる事が出来ます。

着物や着ていく場所によって使い分けましょう。

 

礼装に締める帯

五つ紋付きの黒留袖や色留袖に合わせる帯は、金・銀・白またはそれに色を加えて織られた、錦織や唐織、綴織などの織りの袋帯を締めます。

伝統的な文様を元に典雅な趣が大切にされたデザインが特徴です。

重厚な有職文様や正倉院文様、おめでたいとされる松竹梅や桐・鳳凰・鶴亀といった吉祥文様が織り出されています。

 

準礼装に締める帯

三つ紋または一つ紋の色留袖・訪問着・色無地・一つ紋付きの江戸小紋や付下など、準礼装の着物には、織りの袋帯を合わせます。

重厚な雰囲気の色柄であれば、格調高い文様の織りの名古屋帯、綴織の袋名古屋帯を合わせてもよいでしょう。

吉祥文様の染め帯を合わせても素敵です。

 

略礼装に締める帯

江戸小紋・付下・豪華な柄ゆきの小紋なら、フォーマル向きの格調高い織りや染めの名古屋帯を合わせましょう。

装いの格も上がり、友人の披露宴にも出席できます。

パーティーであれば、会の趣旨に沿った文様を選ぶのも楽しみのひとつになります。

 

織りの種類

  • 錦織

  金銀など何色もの糸で美しい文様を織り出した紋織物の総称。

  唐織や綴織も含まれます。

  • 唐織

  中国から渡来した、いろいろな織物の総称です。

  また、16世紀に中国の技法を取り入れて、京都西陣で始まった豪華絢爛な織物。

  柄が刺繍のように立体的に織り出され、量感があります。

  • 綴織

  地厚でしっかりした硬い生地が特徴。

  絵画のような実写的な表現ができるので、壁掛けなどにも多く使われる織り方です。

フォーマル帯

京都レンタルきもの古都ではオプションで翌日返却も行っております!

詳しくは、当店へお問い合わせ下さいませ☎

ご予約お待ちしております<(_ _)>

【京都レンタルきもの古都】

京都市下京区烏丸通松原東入ル俊成町446 田中ビル2F

TEL075-341-6366

京都市営地下鉄五条駅より徒歩5分

京都市営地下鉄四条駅より徒歩5分

阪急電鉄烏丸駅より徒歩7分

浅草レンタルきもの古都】姉妹店 

東京都台東区雷門2-18-12大元ビル2F

TEL03-6802-7018 (9:30-18:00)


着物レンタル予約随時受付中 WEB予約はこちら

お問い合わせ

075-251-1955

営業時間 9:00~19:00

メールでのお問い合わせはこちら



PAGE TOP